アイピルは緊急時対応に使用の避妊薬として注目されています

LINEで送る
Pocket

アイピルは普通の避妊薬とは違って決められたとおりに服用するものではありません。

性行為の後に緊急的に避妊をしなければいけなかったけれどできなかった場合に愛用することができる商品です。

正しく使えば100パーセントの避妊効果
避妊と聞いておもいつくのはなんでしょうか。多くの人がコンドームというイメージを持っているかもしれませんが、実際のところコンドームは80パーセントの避妊効果しかないことを知っていますか?実は80パーセントなのです。では残りの20パーセントは妊娠してしまっていることになります。絶対に妊娠は避けたいというケースでこの20パーセントに入ってしまうと大変です。しかもコンドームの場合は男性主体の避妊となりますので、男性がしてくれなければ意味がないですし、それを女性からお願いすることもなかなか難しい現状もありますので、避妊率としてはとても低いといってもいいのかもしれません。しかしピルなら自分で女性がコントロールすることができますし、モーニングアフターピルの場合は性行為後に緊急的に飲んでもまだ間に合うのです。

性行為の後に飲んでも間に合う
緊急的な事態に陥ることは誰もがあります。例えば避妊出来ていたと思ったらできていなかったとか、して欲しかったけれど言い出しにくくてできていない場合など、人それぞれ事情は違ってもそのような事態になることはあるのです。そんな時でも、性行為後24時間以内に服用すればまだ間に合うのです。緊急時に対応することができるということは女性にとっては、嬉しいことですね。

わたしもしかしたら妊娠しているのでは?
妊娠を望んでいないのに、もしかすると妊娠したかもしれないと不安に思っている経験は誰もが一度は経験したことがあるかもしれません。コンドームをつけずに性行為をしてしまったとか、後でコンドームの破れに気がついたというケース、性暴力にあった、同意のもとに性行為をしていない、気がついたら性行為をしていたなど様々なケースがあるでしょう。しかし次の生理が来るのをひたすらドキドキしながら待つのでは心配ですね。

摂取すればホルモンを意図的に乱す
この薬を飲むことでホルモンを補うことになります。大量のホルモンを投与することになりますので、その結果意図的にホルモンバランスが崩れて子宮内膜を剥がしてしまいます。そのことによって受精卵は着床できない状態になりますので、例え受精してしまったとしても妊娠には至らないのです。普通の場合はホルモンが安定しているので受精したあとは着床の準備をしてしまいますが着床にいたりません。

セックス後の服用のタイミング
性行為後どのタイミングで服用することが望ましいのかといえば、できるだけ早く、すぐにでも服用することが望ましいです。早ければ早いほどに避妊の確率は高まるのです。24時間以内に服用することができれば95パーセントの確率で避妊することができ、そして72時間以内に服用すれば75パーセントの確率で避妊することができます。性行為をしてからでも妊娠が予防できるので、万が一の時に頼りになるのです。

妊娠する可能性がある女性のお守り
このピルは妊娠する可能性がある女性にとってはお守りがわりの存在になりますので、持っているという女性が増えています。通常は医師の診察、処方を受けなければ入手することができないのですが、最近はインターネット上で手軽に購入することができます。

口コミや体験談等をチェックする場合
インターネットで購入する場合は安心できるサイトで購入することが望ましいでしょう。様々なサイトで取り扱いが増えつつありますが、海外の製品を輸入代行しているサイトです。中には悪質な製品を取り扱っている場合などもありますので、そういったサイトに引っかからないようにするためにも、優良なサイトを探す必要があるでしょう。そのサイトを利用する前に、一度そのサイトの口コミや体験談等をチェックしておくといいでしょう。体験談を見ておけばそのサイトで取り扱われている商品や対応などについて知ることができますのでおすすめです。

副作用の問題
副作用の問題は薬ですからどのような場合でもないことはありません。しかしそれをあらかじめ知った上で服用したほうがいいですから、必ず確認しておきましょう。多くの副作用は吐き気、頭痛、めまいと報告されています。

女性にとっては主体的な避妊を実現し、万が一の際のお守り代わりにもなることですので、支持している人は増ええつつあります。購入するサイトをしっかりと選び、そして副作用の影響についても確認した上でこれから服用しようと思っている人は正しい服用法を守りましょう。大量のホルモンを一度に投与しますので、危険が伴うことがあります。

LINEで送る
Pocket