ホルモンの量が通常のピルより4倍から8倍もある

LINEで送る
Pocket

アフターピルはホルモンの量が通常のピルの4倍から8倍と言われています。

こんなにも大量のホルモンを投与することで体への影響はないのでしょうか。

避妊に失敗してしまったときに助けてくれる

避妊に失敗したときに助けてくれるのですが、大量のホルモンを投与していますので、体への負担が大きいのではないかと不安を抱えている人は多いでしょう。通常ピルといえば計画的に日々服用を継続していくもので、生理周期を変えることによって避妊を実現することができるのですが、アフターピルは計画的に服用しているわけではありませんので、一度に大量のホルモンを投与することになりますので不安は大きいでしょう。

24時間以内の服用で効果絶大

24時間以内に服用することによって効果はあります。95パーセント以上の効果があるのですが、やはり大量にホルモンを投与することにより体への影響は少なからず何か現れる用です。例えば副作用として一番多いことは頭痛、めまい、悪心、嘔吐です。これらが生活をすることができないほど深刻な状態になる程はないのですが、それでもだるさが残ったり、人によっては日常生活に支障を与えてしまうこともあると言われています。もしも副作用がひどいと感じ、日常生活に支障が出てしまっている場合には早めに医療機関へ行ったほうがいいでしょう。

副作用の出方は人に寄って様々です。出る人もいればでないこともありますし、24時間以内に出る人もいれば、出ない人もいますので一概には言えません。しかし注意しなければいけないのはネットで購入した場合には、医師の診察を受けずに購入していますので全て自己管理にて服用しなければいけません。ですから自己管理のもとで服用するにしても、副作用や体への異変が余りにも大きい場合には医療機関へ早めに行ったほうがいいでしょう。望まない妊娠を阻止することができますが体に与える負担はそれ以上に大きいことを理解しておきましょう。

副作用は誰もが実感することではありますが、悪心や吐き気は多くの人が体験しています。余りにもひどい場合は服用を中止した上で医療機関で見てもらったほうが安心です。通常のピルの4倍から8倍の量のホルモンを投与していますから、何かしらの体への影響はあるでしょう。

LINEで送る
Pocket