保険適応外で高価なピルをどう購入するのかを考える

LINEで送る
Pocket

日本国内でも販売されており、海外よりはかなり遅れていますが、産婦人科で処方されています。

しかし実は保険適応外となりますので、かなり値段が高いことがデメリットです。

アフターピルを入手する場合

アフターピルを入手しておきたいと思う女性は多く、いざという時に慌てないためにも、常に持っておきたいと考える人もいるほどです。産婦人科で処方してもらえば入手することは可能なのですが、値段がかなり高いです。それは保険診療にならないために自費での購入になるために値段が高いのですが、大体相場としては1回分の量で1万円から1万5千円はくだらないとのことです。日頃健康保険を利用して医療を受けている私たちからするとかなりの高額です。しかしそれで望まない妊娠を阻止することができるならと考える人も多いでしょう。

値段のことを考えると通販がお得

値段のことを考える、手間のことを考えると今ネットで購入している人が多いことも事実です。海外で販売されているものを個人輸入して代行してネットサイトで販売しているのです。これならネットショッピングをする感覚で薬を入手することができます。値段は一定ではなく海外での値段の付け方にもよりますし、円高などの影響も受けますのでいつも同じ値段というわけではありません。しかし1箱1錠あたり1200円から2000円が相場ですので、産婦人科で処方してもらうことを考えるとかなり安いと言えるでしょう。海外で販売している商品を購入するときは実はそのまま海外発送をしてくることがあるので、もしかするとこの価格に送料が加算されることがあるかもしれません。

その際は1000円前後に価格設定して送料を設定している所を選ぶことが望ましいでしょう。送料や手数料がかからないかどうかきちんと確かめた上で購入しましょう。本品そのものの値段はそれほど高くはないのですが、送料や手数料がかかってしまって気がついたらかなり高かったということもありますので慎重にサイトを選び、商品を購入したいですね。

産婦人科へいって処方してもらえれば入手することはできますが、値段が高いです、時間を割く必要がありますが、ネット通販での購入なら手軽に購入することができて安いのでオススメです。しかし悪質なサイトもあるので注意はしましょう。

LINEで送る
Pocket