有効な服用時間が定められているピル

LINEで送る
Pocket

アイピルはいつ服用しても効果があるというわけではありません。

有効な服用時間が決められていますのでその時間に服用する必要があるでしょう。

緊急避妊薬なので通常とは違う

通常一般的なピルは低用量ピルと言われている製品ですが、これは定期的に毎日決められた時間に飲むというのが飲み方です。性行為をする日でも、しない日でも関係なく服用することになります。しかし緊急避妊薬のモーニングアフターピルは違います。性行為が終わってからすぐに服用することで早ければ早い方が効果があるとされているのでその点は理解しておきましょう。24時間以内に服用することで95パーセントの確率で避妊することができると言われています。遅くなればなる程避妊率は下がるのですが、それでも72時間以内であれば、まだ75パーセント以上は避妊に成功する確率が残っているので、早めに服用することはとても大事なことです。

服用時間に関係なく出る副作用

有効な服用時間は24時間以内で、しかも早ければ早いほうがいいとのことですが、服用時間と全く関係ない時間帯で副作用が現れる可能性はあります。副作用は嘔吐や頭痛、めまいが主なものですが、万が一嘔吐があった場合、服用後1時間以内であれば、体から成分が全て出ている可能性がありますので、もう一度の見直したほうがよさそうです。3時間以内の嘔吐でも体に成分が吸収されていない可能性はありますので、その場合はもう一度追加で飲んだ方がいいとされているので、万が一副作用で嘔吐してしまった場合にもその点を十分に気をつけて服用しましょう。

持続時間そのものは72時間とのことですので、低用量ピルの服用を回避するために生理前にのみ服用しているというコントロールをして自分の中で服用を決めている女性もいます。医師の診察なしでインターネットなどで購入した場合は、その辺の詳細を自分で決定していかなくては行けませんので、間違った服用にならないようにするためにも、正しく服用するためにも、いつ飲めばいいのかきちんと考えて服用するようにしましょう。

低用量ピルと違い有効な服用時間があらかじめ決められていますので、その時間を守った上で服用しなければ効果がありません。また副作用の問題もありますのでその点も注意した上で服用する必要があります。

LINEで送る
Pocket