男性のコンドームだけでは100%の避妊とは言えない!

LINEで送る
Pocket

アイピルを愛用している人は多く、年々増えつつあります。

コンドームだけでは男性に任せている避妊になりますので避妊の効果は確実ではありません。

この薬の効果は、緊急避妊薬ですので、低用量ピルなどと同じで避妊を目的にした効果があります。低用量とは明らかに違っているのは用量です。低用量ピルはそのまま低用量であることが特徴です。しかしこちらの場合は緊急でもしっかりと効果を持続させなければいけませんので、低用量では足りないのです。中容量ピルです。以前は低用量ピルではなく日常的に中容量を服用して避妊を防ぐこともあったようですが、強いために副作用も大きく現れて体への負担もありますので、現在は緊急的に使用することになっています。効果は妊娠しないようにするという効果が一番ですがそれ以外にも効果があります。

成分はホルモンなので心配はない

低用量ピルを服用する目的に、ホルモンによって治療をする目的があります。こちらの薬もホルモンを一時的に多くの量投与しますので、その作用が働き、それが効果として現れることもあります。胸が少し張る、生理痛が緩和するなどの効果を実感している人もいます。ホルモンを投与することで一時的に起きる効果です。もちろんこれは低用量ピルの人は持続しますが緊急時に服用する場合は単発で、しかも強い薬を一時的に投与するだけですので、効果は持続しません。また、低用量ピルほどの効果もないようですが、ほかの効果として実感する人もいるということは覚えておくといいかもしれません。

体の中では何が起きているの?

性行為後のこの緊急避妊薬を飲むと体の中では、ホルモンが子宮内膜の増殖を抑えます。受精しても子宮内膜が増殖されていないので着床しないようになるのです。このようなメカニズムで避妊に万が一失敗してしまっても着床し、妊娠しないようになっています。これが服用後体の中で起きていることです。早く飲めば早いだけ効果がありますので早めの服用がいいでしょう。

緊急避妊薬として緊急的な避妊に効果があることはもちろんですが、それ以外にも効果がありますので、どのような効果があり、そして服用後は体の中ではどのようなことが起きているのかということは理解しておくといいでしょう。

LINEで送る
Pocket